一番初めに持ったポジションと一緒に

よくあるはじめたばかりの人向けの外為取引の本では「損失を被った時はナンピン買いをすることで全体のコストを下げることができる」等とアドバイスしていたりしますが、それには相当大きな引っ掛けが潜んでいます。

ナンピン買いの原理に関して易しく説明しておきます。b.glenシミくすみ

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。部屋探し

$買いのため、円安になれば利益を得られますが、不幸にして1ドル=95円までドル安が進んでしまったとします。バンクイック即日融資申込み!審査通りやすい?【スマホで簡単】

そのままの状態でポジションを所有し続けたら、損がなくなるまでには、ドル安になった分円安が進まなければなりません。j神戸市 短期バイト

皆さん、赤字は早めにリカバリしたいと願います。meemo口コミ

このためはじめに買ったのと同じ分の$を1ドルを95円で買います。瓜破斎場

それで、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで下げることができますすなわち、2円50銭の幅で円安が進めば、赤字を回復する事ができます。リプロスキン 体験談 嘘

それが、ナンピン買いのロジックだ。ワキが臭い気がする

ナンピンのやり方を耳にすると、「その通り」と考えたりするが、容易には思うようにはいきません。超濃縮ケイ素PFの飲み方

元々、95円より下がらないとは、誰にもわからないのである。

たとえば、相場が相当に強いドル安動向だとすれば1ドル95円では収まることなく、より一層ドル安に進む確率があります。

仮に、97円50銭でナンピン買いをした時に、1ドル95円まで円高ドル安が進んだらナンピン買いしたポジションにも、赤字が生まれてしまいます。

これでは、一番初めに持ったポジションと一緒に、2倍の差損が生じる事になります。

例示したとおり、ナンピン買いは難しいのだ。

それでは、外国為替市場が自分自身の脚本とは逆にどんどん進む場合どういう手段でリスクを回避すればいいのでしょうか。

この場面では選べる手段は2つ。

まずひとつは潔くあきらめて、損切りをすること。

もうひとつの方法としては現在、保有しているポジションを小さくする事によって、再度為替相場がリカバリするのを何もしないで待つ事です。

少し大人しい対策だと言う人もいるでしょう。

けれども、自分が保持しているポジションに為替差損が出た時、一番適切な対策はこれよりいいものはあるはずがありません。

言うまでも無く、理屈の上では、ナンピンをしてみる手段もあるように思える。

けれどもナンピン買いは、あなた自身が損失を披っている状態にもかかわらず買いポジションを減少させるどころか、ポジションを積み増していく方法です。

この対策では、危険をコントロールすることなど到底できないと思うべきです。

ナンピンを続けられれば最終的には損失が回復するかもしれません。

しかし、そうなる前に資金はショートしてしまいます。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.lecaffemariani.com All Rights Reserved.